洗濯物のように



もう随分前になるが、友人からモンゴルやチベットでは洗濯物を干すように、小さなソーラーパネルを干している(充電している)と聞いたことがある。干してるって、、面白い表現ですよね。続きを聞くと、送電が不安定でしょっちゅう停電してしまうそうで、そんな時に灯す照明のための充電だという。ゲルの生活のことなのか、定住している暮らしなのか、たまたま友人が訪れた地域に停電が多かったのか?その辺りは忘れてしまったが、ソーラーパネルが完全に日常に溶け込んでいる風景に衝撃を受けた、という友人の話はずっと印象に残っている。

で、ソネングラスを使うようになって、ちょっと飛躍した干されるソーラーパネルが、ときどき頭に浮かんでおります。




小野育代建築設計事務所のホームページ


#sola

#暮らし

#身近な発電

2018 ​小野育代建築設計事務所

​神奈川県横浜市