top of page
検索

家具の後ろ姿_倉俣史郎のデザイン展へ

先週は久しぶりに、世田谷美術館へ。目的は家具、インテリアデザイナーである倉俣史郎のデザイン展〜記憶の中の小宇宙。ちょうど自分が大学に入った頃、56歳で早世された。

代表作は、ポスターになっているアクリルの中にバラが浮いている椅子、「ミス・ブランチ」。会場では3脚が展示されていて贅沢だった。(各所蔵先から集まってきていた。)バラ(造花)も少しずつ入り方が違って、個体差が見える。世田谷美術館は今度の日曜日が最終日になってしまうが、巡回展で、富山県美術館、京都国立近代美術館へ回る。


展覧会の入り口ポスター

写真撮影OKの空間は入ってすぐのスペースで、4点の展示があった。

エキスパンドメタルで作られた「 ハウ・ハイ・ザ・ムーム」、少し雨空だったこともあり、バックの公園がよく写った。


エキスパンドメタル(メッシュ系のメタル)製のひとりがけソファ「ハウハイザムーン」

影も美しい。


ハウハイザムーンの後ろ側、メッシュの影が美しい

エントランスホールには、この展覧会のために作られた復刻版があり、座ることもできた。復刻版の足元をパシャッと。脚もエキスパンドメタル製。

ハウハイザムーンの脚のアップ写真


ハウハイザムーンに座わっている筆者

で、座ってみた(我ながらご満悦な様子・苦笑)。エキスパンドメタルの座面がが少しシナって、思ったよりも、重さを吸収してくれた。


同時開催の沿線物語も、かなり見応えがあった。




世田谷美術館のYou tubeチャンネル「2分で分かる倉俣史郎のデザインの魅力」


家具の後ろ姿_倉俣史郎のデザイン展へ






最新記事

すべて表示
bottom of page