検索

隠れるけど



進行中のリノベーションの現場から。。。

耐震補強と増築を行なっており、いろんな要素が入った現場。

写真は既存の柱の、上部にある垂れ壁を撤去したあとの柱。少し前までは、一般的に「貫(ぬき)」と言って、柱に細長く穴を開け、木材を通しクサビで止めることで壁の強度を考えられていた。その後、筋交いを取り付けるようになり、現在は『筋交い+金物』の組合せと『構造用合板+釘』が主流となっている。

今回の改修は構造用合板を足して強度を高めています。写真は貫の穴や垂れ壁の後を埋める「埋木」が施されているところ。大工さんが苦労して埋めています。この柱は仕上げで見えなくなりますが、面白い不思議な柱になっています。現場アートといった感じ。


ここはダイニングと居間(畳敷き)の境。天井までの引き戸で、オープンにすると一体的なスペースになるようにしています。






最新記事

すべて表示